第27回春日部市民県展入選作品展


  平成30年で68回目を迎えた「県展」(正式名称「埼玉県美術展覧会」)は、15歳以上の県内在住・
 在勤・在学者(中学生を除く)であれば誰でも応募できる展覧会です。
  日本画・洋画・彫刻・工芸・書・写真の6部門で構成され、それぞれの部門で厳密な審査が行われます。
  
中央公民館では、7月3日(火)から8日(日)まで、県展に入選された方々(委嘱者・招待者・審査
 員・運営委員含む)の作品による第27回春日部市民県展入選作品展が開催されました。展示された作品
 を御紹介します。

  このページでの御紹介は、本年度県展入選作品のうち、第27回春日部市民県展入選作品展出品作品
 (公開に御同意いただいた作品)のみ掲載をさせていただいており、実際の県展入選者名簿とは異なりま
 すので御了承ください。

  
なお、諸事情により、本年度県展入選作品を第27回春日部市民県展入選作品展に出品されていない方
 で、このページで作品の掲載を希望される方は、お手数ですが教育委員会社会教育課まで御連絡ください。

          〒344−0062 春日部市粕壁東3丁目2番15号  
              春日部市教育委員会社会教育課(教育センター1階)
       電話:048-736-1111 内線4816   FAX:
048-763-2218




第68回埼玉県展 委嘱者・招待者・審査員・運営委員

部 門 種 別  作 品 名 作 者 名
日本画 招待  追想   高橋 裕子
招待  かみかざり   村井 みゆき
洋 画 委嘱  夢「八月」彩菜´18   佐藤 伸二
招待  横に伸びる木   会田 志津男
招待  金彩華   金森 良泰
招待  躍   高橋 薗
彫 刻 委嘱  回想   石塚 郁江
委嘱  ああ疲れた、一休み!!   金子 裕
工 芸 招待  波紋器   澤 則子
運営  乾漆花鉢   増村 紀一郎
書  委嘱   高青邱詩    星野 青楊
招待  平常心是道   本多 青龍
審査  蕪村の句   柴田 千鶴子
写 真 招待  ある日ある街   関根 治郎
招待  ブルーハワイ   田尻 かつ子



第68回埼玉県展 入選者・入賞者

部 門 作 品 名  作 者 名
日本画  赤い傘と舞子  平野 榮
  岩絵の具で描いた産廃で 働く私  吉田 浩二
 別れ道  河村 節子
洋画   豊潤なる日々:めざめ  小倉 一雄
 森の妖精  池上 武紘
 家族会議  石井 光次
 秩父札所四番 仁王像  芝崎 仁
 吹雪  東 英司
 晩秋  東 耕作
 赤い顔の男  小澤 清
 水辺  土田 健三
 夜中のうしろめたさ  飯田 あき
 厨房にて  工藤 恭子
 茅葺きの家がある風景  星名 昌和
 天からの贈りもの  丸茂 公敏
 やまとたける  坂  武樹
 揺らぐ刻  堀川 弘子
 静寂の刻  加部 吉男
 椿  内藤 和子
 時を刻む緑青  石村 空也
 歌舞伎十八番  大越 弘也
 卓上のひととき  堀川 博
 舞いを待つ  北條 三郎
 アトリエの秋  辺見 昭彦 
彫刻  ヒッチハイク  鈴木 良憲
 見上げるスーパームーン  川村 浩子
 祈り  田 彰
 覚者  柴田 昌文

部 門 作 品 名  作 者 名
工芸  トルコの思い出・蓋物   山崎 友子
     橋本 朱美 
  朝薫る  大平 歩
      白楽天七絶三首  當間 香蘭
 王維詩  小鎚 青鳳
 杜甫詩  新名 青湖
 王維詩  小鎚 春霄
 五絶三首  逆井 紅潮
 李白詩  近藤 白扇
 室生犀星の詩
 「高麗の花」より
 水信 千恵子
 崔護詩  新井 朴斎
   写真   春に戯れる  松嵜 幹夫
 メイクアップ  蜷 忠
 仲良し兄弟  前祢 久雄
 冬の窓  中澤 洋男
 春の戯れ  田村 真由美
 アオハル  小谷 和己
  青のダンス  関根 登
 遠い記憶  中山 則子
 道案内  益田 穣二
 タッチアウト  吉浜 貞次
 祈りの日々  乙部 エミ
 部活仲間  澤田 喜勝
 都市異景  岡安 宏典
 仕事師   住  由子
 春近い湖  久住 勝也
 千両役者 登場  若林 正雄


このページのトップへ     かすかべ遊学トップへ