まちなかで鑑賞できる春日部の彫刻

彫刻鑑賞スポットその1 
古利根公園橋
  春日部市制30周年にあたる昭和59年に完成した古利根公園橋は春日部駅東口を
下車して、正面の公園橋通りを真っ直ぐ北東方面に歩いて約5分の位置にあります。
ここにある彫刻はすべて青銅製の単身の人物像で、「彫刻のある街づくり」初期の
平成2年から3年にかけて設置され、長い間、市民に親しまれてきたものです。
その他にも市制30周年記念として設置された彫刻「春陽」、さらに古利根川東岸の
岸壁にはテト馬車の絵が刻まれています。

   このコーナーの中で、数字が入っている彫刻は「彫刻のある街づくり」で設置
  された彫刻です。
   
なお、作者略歴は、各彫刻が設置された時点のものです


    フォーム 

 1 「フォーム」 千野 茂


 作品寸法(高さ×幅×奥行き)
 84.5cm×80cm×50cm

 作品素材 青銅


 作者略歴

 1913−新潟県に生まれる
 1932−島田美晴に師事
 1935−新海竹蔵に師事
 1942−第29回院展初入選
 1949−第34回院展出品日本美術院賞受賞
 1950−第35回院展出品日本美術院賞(大観賞)
      受賞・新潟日報文化賞受賞
 1952−第37回院展出品日本美術院賞(白寿賞)
 1954−第39回院展出品日本美術院賞(大観賞〉
 1961−日本業術院彫塑部解散
      彫刻家集団〈S・A・S)結成
 1963−S・A・Sを解体し、国画会に合流、国画会
      会員となる
 1966−日本現代美術展(東京都美術館)
 1971−牛島憲之・千野茂二人展
 1976−東京芸術大学教授となる
 1977−第3回彫刻の森美術館大賞展(彫刻の森
      美術館)
 1980−東京芸術大学教授定年退官
      第1回高村光太郎大賞賓展優秀賞受賞
     (彫刻の森美術館)、個展(東京)
 1981−長野市野外彫刻賞受賞
 1982−個展(東京、札幌)
      第13回中原悌二郎賞受賞
 1983−個展(横浜)
 1984−「現代彫刻の展開−1930〜80」
     (ギャラリーせいほう)
 1985−勲四等旭日小綾章受章
 1986−東京芸術大学名誉教授となる
 1989−千野茂彫刻展(新潟市美術館)
 1990−『干野茂作品集』刊行

 作者コメント
   腰かけた女性が、足先に手を伸
 ばすかたちから生まれる有機的フ
 ォルムの中に、生命の鼓動を表現
 した。


    茉莉花

 2 「茉莉花(まつりか)」
    舟越 保武

 作品寸法(高さ×幅×奥行き)
 205cm×70cm×70cm

 
作品素材 青銅


 作者略歴


 1912−岩手県に生まれる
 1939−東京美術学校彫刻科卒業 新制作派協会
      彫刻部創立に参加、会員となる
 1941−松本竣介と2人展(盛岡)
 1950−第1回秀作美術展
 1953−近代彫塑展(国立近代美術館)
 1954−第1回現代日本美術展
 1961−長崎26殉教者記念像完成
 1962−第5回高村光太郎賞受賞
 1967−東京芸術大学教授となる
 1972−第3回中原悌二郎賞受賞
      舟越保武展(梅田・阪神百貨店)
 1973−口ーマ法王より大聖グレゴリオ騎士団勲
      章受章
 1977−第1回長谷川仁記念賞受賞
 1978−昭和52年度芸術選奨文部大臣賞受賞
 1980−東京芸術大学定年退官
 1982−舟越保武展(日本橋高島屋〉
      「巨岩と花びら」(筑摩書房〉刊行
 1983−日本エッセイストクラブ賞受賞
 1984−勲四等旭日小綬章受章
 1985−舟越保武展一石彫とデッサン(日本橋高
      島屋)
      「石の青石の影」(筑摩書房)刊行
 1986−東京芸術大学名誉教授となる
 1988−舟越保武展(札幌芸術の森、いわき市立
      美術館、姫路市立美術館)

 作者コメント

   身体のねじれ方によって表れる
 旋律の美というものが、これをつく
 った頃、10年間の制作課題であっ
 た。ちょうど釧路市の幣舞橋に「道
 東の四季−春」を作ったすぐ後であ
 った。身体の「向き」の変化につい
 ての課題が私の中に残っていたの
 である。身体の「ひねり」とか「向き」
 というのは、身体の各部分の方向
 の向きがこのねじれによって少し
 ずつ角度が変わっていく。正面の
 向きが変化するのである。
   この像では、両足の向いている
 正面が少しずつ右へ向きを変えて
 いる。胸の向きではかなり右へ廻
 っている。俗にいえば「ねじれん棒」
 のねじれである。このように微妙な
 リズムが彫像の中に潜むこととな
 り、投射される光線の明暗も微妙
 な効果をもつはずである。


    思い出

  3 「思い出」 山本 正道

 作品寸法(高さ×幅×奥行き)
 95cm×40cm×50cm

 作品素材 青銅


 作者略歴

 1941−京都に生まれる
 1965−東京芸術大学彫刻科卒業
 1967−東京芸術大学大学院修了
      第31回新制作協会展新作家賞受賞
      第2回現代日本彫刻展
 1968−第32回新制作協会展協会賞受賞
      イタリア政府給費留学生として渡伊
 1973−新制作協会会員となる
 1975−第2回彫刻の森美術館大賞展(彫刻の森
      美術館)
 1976−第5回平櫛田中賞受賞
 1977−第3回彫刻の森美術館大賞展K氏賞受賞
      第7回現代日本彫刻展東京国立近代美術
      館賞受賞
 1978−第9国中原悌二郎賞優秀賞受賞
      フルプライト芸術部門交換研究員として渡
      米
 1979−第8回現代日本彫刻展
 1980−第7回須磨離宮公園現代彫刻展
 1981−日本近代彫刻の展開展(神奈川県近代美
      術館)
      現代日本の美術展(宮城県美術館)
 1983−第10回現代日本彫刻展京都国立近代美
      術館賞及び神奈川県立近代美術館賞受
      賞現代日本美術の展望「立体」(富山県立
      近代美術館)
 1984−近・現代日本の彫刻 (山口県立美術館)
      現代のユーモア展(埼玉県立近代美術館)
 1985−第1回現代日本具象彫刻展(千葉県立美
      術館)
 1987−東京芸術大学創立百周年記念展
      教員展
 1988−描かれた道展 〈宮城県美術館)
 1989−『山本正道作品集』(新潮社)刊行
      個展(ギャラリー・ユニバース)

 作者コメント

   誰もが持っている遠い記憶の中
 の風景を、物静かなフォルムの中
 に刻みつけました。


    夏

 4 「夏」 桑原 巨守


 作品寸法(高さ×幅×奥行き)
 192cm×55cm×50cm

 作品素材 青銅

 作者略歴

 1927−群馬県に生まれる
 1949−東京美術学校彫刻科卒業
 1963−二紀展初入選 同人となる
 1964−現代日本美術展出品
 1966−二紀展賞受賞
 1970−松樹路人と桑原巨守展(日動画廊)
 1972−個展(東京)
 1974−個展(東京・大阪)
 1975−第29回二紀展で菊花賞受賞
 1976−「風と花」が完成(彫刻の森美術舘)
 1979−「風」「花と少女」など5点 ブルガリア政府
      買上
 1980−「風と花」が完成(広島市中央公園)
 1981−「讃太陽」が完成(北海道中標津町公民館)
      絵本『彫刻の四季』『彫刻の出来上がるま
      で』刊行(ポプラ社)
 1982−第2回高村光太郎大賞展美ヶ原高原美術
      館賞受賞、個展〈(東京)「風と花」「凱風新
      頒」「風の戯れ」が完成(日比谷シティ)〉
 1983−二紀展文部大臣賞受賞
      「姉妹」姫路市立美術館に設置
 1984−「現代彫刻の展開−1930−80」
     (ギャラリーせいほう)
      現代美術選抜展招待出品(文化庁主催)
      「讃太陽」を東京証券取引所に設置
 1985−美ヶ原高原美術館「裸婦」設置
 1988−AUSTRALIA Gippsland Institute of
      AdvancedEducation,School of Visual
       Artsに客員教授として招増される
 1989−二紀展宮本三郎賞受賞

 作者コメント
   輝く太陽、爽やかな涼風、咲き
 乱れる野の花高原にすくっと立つ
 少女。
  私の抱く夏のイメージを彫刻にし
 てみました。



    ジーンズ・夏

 5 「ジーンズ・夏」
   佐藤 忠良


 作品寸法(高さ×幅×奥行き)
 178cm×70cm×60cm

 作品素材 青銅

 作者略歴

 1912−宮城県に生まれる
 1939−東京美術学校彫刻科卒業 新制作派協会
      彫刻部創立に参加、会員となる。
 1954−第1回現代日本美術展佳作賞受賞
 1960−第3回高村光太郎賞受賞
 1965−第1回現代日本彫刻展(宇部市野外彫刻
      美術館)
 1966−東京造形大学教授となる
 1968−神戸須磨離宮公園第1回彫刻展
 1971−第2回現代国際彫刻展(彫刻の森美術館)
      彫刻・佐藤忠良自選展(梅田画廊三番街
      店以後仙台、札幌、岡山を巡回)
 1973−個展(銀座松屋)
 1974−第15回毎日芸術賞受賞
      昭和48年度芸術選奨文部大臣賞受賞
 1975−第3回長野市野外彫刻賞受賞
      第6回中原悌二郎賞受賞
 1977−第5回長野市野外彫刻賞受賞
 1981−ロダン美術館(パリ)にて個展
      フランス、アカデミー・デ・ボザール客員
      会員となる。
      佐藤忠良展(国立国際美術館)
 1983−ウィルデンスタイン画廊(ニューヨーク)にて
      個展(翌年ロンドンにて個展)
 1984−ローマ・アカデミア・サン・ルカ会員となる
 1986−東京造形大学名誉教授となる
 1988−佐藤忠良展(有楽町アートフォーラム)
      佐藤忠良のすべて(岩手県民会館、以後
      巡回)
 1989−昭和63年度朝日賞受賞
      佐藤忠良記念館が仙台市に開館

 作者コメント
   若い娘達がジーンズ姿で歩くの
 を見るたびに硬い木綿と肉体とが
 織りなす皺の起伏が呼吸している
 ようにみえ、彫刻にしてみようと土
 を手にしたのが1970年の「ジーパ
 ン」という1メートルちょっとの作品
 であった。この小さな彫刻が展覧
 会で多少の評価があったようで、
 当時似たような作品が他の展覧
 会にもチラホラしたことがある。
   以来、私はジーンズの女性を20
 体ほど彫刻にしてきている。
   この他に私には帽子を被った作
 品もいくつかあるけれど、作品にこ
 うした小道具めいたものをあしらう
 と、ときに風俗彫刻に陥ることがあ
 るので、その辺のストレスの闘い
 が、そのたびごとに私の大きな課
 題になった。
   この「ジーンズ・夏」は、そうした
 課題の中で制作したひとつで、198
 4年の制作である。
その他の彫刻

春陽

春陽
斎藤 馨


古利根川東岸に刻まれたトテ馬車

滝と噴水(テト馬車)
雨宮 一正

春日部の彫刻トップへ     このページのトップへ     かすかべ遊学トップへ