その他の分野で活躍する春日部ゆかりの芸術家(は行)

坂東晃三洋
(舞踊 坂東流師範)

氏 名
 坂東 晃三洋(ばんどう こうみよう)
春日部市
との関わり
 市内在住
紹 介  1948(昭和23)年
 1961(昭和36)年
 1974(昭和49)年
 1980(昭和55)年〜
 1992(平成4)年


 1996(平成8)年


 1997(平成9)年

 1998(平成10)年〜
 

 2000(平成12)年

 
 2004(平成16)年

 
 


 
 2009(平成21)年


 2010(平成22)年


 
 2011(平成23)年


 
 

 2014(平成26)年





 2016(平成28)年



 2017(平成29)年


 2018(平成30)年
 六歳 日本舞踊【坂東流】入門
 七世坂東三津五郎より坂東流名取。師範修得
 春日部市勤労婦人ホーム講師(〜’79)
 三年おきに浅草公会堂に於て日本舞踊「三穂の会」開催
 バチカン宮殿「謁見の間」にてローマ法王ヨハネ・パウロ
 2世の快気祝いに箏の演奏で舞踊を披露し、ローマ法王庁
 より感謝状を授与される
 オーストラリア日豪文化交流公演
 アデレード シドニー(劇場 音楽学校、リタイアド
 ビレッジ訪問演技)
 日朝文化交流公演(越谷コミュニティホール)

 「華扇会」 日本舞踊公演 
  報知新聞社主催(国立大劇場)
 
 アンダルシア・ミレニアム音楽祭参加 日西親善公演
 コルドバ(アルカサール城内) ウベダ(コンサート劇場)
 
 春日部市立緑小学校全校朝会で日本舞踊を披露
 
 平成16年度、18年度、19年度 文化庁委嘱事業
 伝統文化子供教室に採択
 「思い出づくりの日本舞踊こども教室」開催
 (緑小学校体育館他)

 第21回「全国生涯学習フェスティバル」 出演
 (さいたまスーパーアリーナ)
 
 七世、八世、九世 坂東三津五郎 追善舞踊会出
 演(歌舞伎座)
 
 
 埼玉県文化振興会議【芸能部】 創作音楽民話{二
 十弦箏、管弦楽、合唱、日舞、洋舞、演劇}による、
 コラボレーションに出演(埼玉会館大ホール)
 
 師籍五十周年記念『三穂の会』(浅草公会堂)

 文化庁委嘱事業 伝統文化親子教室、
 文部科学省 放課後子ども教室に採択
 「思い出づくりの日本舞踊こども教室」開催
 (緑小学校体育館他)
 

 芸術文化ふれあい事業 日本舞踊体験学習 (備後小学校)
 埼玉県芸術文化祭 芸術文化ふれあい
 交流フェア参加(桶川)(〜’17)

 第41回 埼玉県文化振興の集い参加(越谷)
 第32回 国民文化祭なら2017出演(奈良県)

 第42回 埼玉県文化振興の集い出演(埼玉会館大ホール)

 埼玉県文化団体連合会理事
 埼玉県邦楽舞踊協会専務理事
 坂東流企画部委員        
 日本舞踊協会埼玉支部会員

 微力ではございますが、伝統文化の種を蒔き、花咲く日を
 楽しみに、日々精進し今日に至っております。
 日本舞踊を通じ、おどる楽しさ・礼儀作法・集中力・感性・
 健康・情操教育等、お役に立てるよう勉強しています。
 また、諸外国の方々に、日本文化に触れていただく機会が
 出来ますことが、私達のお稽古の励みになっています。

☆指導助手 
  坂東流師範 坂東 寿和(ばんどう じゅな)
  埼玉大学教育学部卒 幼稚園・小学校教諭 の免許取得
  1998(平成10)年師範修得
  坂東八十助主宰(八十助塾)十代目坂東三津五郎 門下生

参 考  三穂の会(団体紹介 舞踊)  
 坂東 晃三洋(ばんどう こうみよう)
 
 埼玉県春日部市緑町六丁目12−11
 電話 048-736-9136   FAX  048-736-9148
舞台写真

新国立劇場オープニング公演「風市」より

師籍五十周年記念 三穂の会
「近江のお兼」より

出演 坂東 寿和


藤井 公・利子作品「砂漠のミイラ」より

師籍五十周年記念 三穂の会
「戻橋」より

出演 坂東 晃三洋
    市川 新十郎
 


藤井 公
(舞踏家)


氏 名
 藤井 公(ふじい こう)
春日部市
との関わり
 春日部市生まれ
 市内学校(旧制粕壁中学校 現埼玉県立春日部高等学校)出身
紹 介  1928(昭和3年)



 1966(昭和41年)
 1967(昭和42年)
 1969(昭和44年)
 1970(昭和45年)

 1971(昭和46年)

 1973(昭和48年)






 1979(昭和54年)
 1980(昭和55年)
 1984(昭和59年)

 1985(昭和60年)
 1986(昭和61年)
 1990(平成2年)

 1994(平成6年)
 1995(平成7年)
 1998(平成10年)

 2001(平成13年)
 春日部市に生まれる 本名 藤井 公(ただし)
 故 小森敏師事。1960(昭和35)年東京創作舞踊団
 結成。以後毎年舞踊団公演を開催、活発な創作活
 動を展開し、現在に至る
 「芽むしり仔撃ち」で舞踊ペンクラブ賞
 埼玉県文化団体連合会 文化奨励賞
 作品「メディア」 文化庁芸術祭優秀賞
 作品「癒えぬ川」 文化庁芸術祭優秀賞、舞踊批評
 家協会賞
 文化庁芸術家在外研修員派遣にて一年間欧米留
 学研修
 「鶏舎」文化庁芸術祭優秀賞
 1974(昭和49)年より空間と舞踊美に取り組み栃木
 県立美術館・埼玉近代美術館他で、他ジャンルとの
 コラボレーション等で発表、一方文化庁主催公演、
 文化庁助成公演、東京都助成公演に新作を発表す
 ると共に毎年東京創作舞踊団定期公演等活発な創
 作活動を展開してきている
 石井漠賞
 埼玉文化賞・埼玉新聞社制定
 作品「砂漠のランボー」舞踊批評家協会賞 江口隆
 哉賞
 ダンスワーク賞
 ニムラ舞踊賞
 作品「北斎・今」 舞踊批評家協会賞 音楽新聞年
 間べスト賞
 東京新聞社制定「舞踊芸術賞」
 「紫綬褒章」

 「藤井公」のモダンダンス理念<430頁>著者 神戸大
 学教授 柴真理子
 勲4等旭日小綬章

 その他
 ※東京新聞全国舞踊コンクール審査員、神戸全国
   洋舞コンクール審査員、世界バレエ&モダンダン
   スコンクール審査員、埼玉国際創作舞踊コンクー
   ル審査員
 ※(社)現代舞踊協会副会長、埼玉県舞踊協会会
   長、藤井公・利子舞踊研究所主宰 次代の舞踊
   家育成に優れた成果を発揮、同時に東京創作舞
   踊団主宰し、意欲的な創作活動を展開している
 ※1967(昭和42)年埼玉県舞踊協会結成より代表と
   して舞踊県埼玉を目指して県民舞踊文化の振興
   に努めている
舞台写真

新国立劇場オープニング公演「風市」より

新国立劇場オープニング公演「風市」より
出演 柳下規夫 撮影 山口晴久


藤井 公・利子作品「砂漠のミイラ」より

藤井 公・利子作品「砂漠のミイラ」より
撮影 山口晴久


写真をクリックすると大きくなります。


その他の分野検索ページへ
     かすかべ遊学トップへ